協力団体・企業

フランス・パリにあるLAB-AHは、デザインと文化創造継承を織り交ぜ、ホスピタリティ向上を目的に、

パリ大学病院の精神科・神経科と共に院内環境の刷新に取り組んできました。


  • 日本

  • イノベーションの対象

    認知症ケア

LAB-AHは、2016年に設立された研究所で、パリの大学病院・精神医学・神経科学のグループ化をサポートしています。


LAB-AHチームは、デザイナーとホスピタルアートの専門家で構成されており、3つのグループ病院と94ヶ所のケアサイトにおいて、患者と家族、病院職員に対して革新的なサポート実践しています。アートとデザインアプローチを組み合わせた制作活動を通して、病院に携わる全ての人々の心のケア、そして、病院の経営と運営に効果を生み出します。


エキスパートがナビゲート

デザイナー、LAB-AH共同代表

マリー コイリエ

マリー・コイリエは、ホスピタルアートを専門にするデザイナーで、GHUパリ精神医学・脳科学病院にある研究所 LAB-AHの共同代表です。

LAB-AH 共同代表

カリーヌ デラノエ・ヴィユー

カリーヌ・デラノエ・ヴィユーは、LAB-AH(パリ市内にある大学病院をグループ化に伴うポスピタリティ向上のプロジェクトに取り組んでいる研究所) の共同代表でありアート文化マネージャーです。2016年より、マリー・コイリエと共にLAB-AHを運営しています。

eJourney で学べること

ステップ・バイ・ステップ・プログラム

  • 1

    Workbook

    • ワークブック

    • Lab-ah へようこそ!

    • The Lab-ah: デザインと文化創造継承を織り交ぜ、病院の院内環境の刷新に取り組む研究グループ

    • 医療環境を改善するデザインアプローチ

    • 患者へ治療経験を提供するためのコラボレーション

    • 病院がデザインに与える影響とは?

    • なぜ、院内環境改善に文化とデザインの融合が必要なのか?

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /1:精神科病棟におけるホスピタリティーのデザイン

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /2:患者や病院関係者らの見解

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /3:患者目線でアプローチ方法を立て直す

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /4:The Eugène ウォーキング

    • Bienvenue chez Eugène"Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /5:結果

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /6:デザインと文化創造の交差

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト/7:lab-ah アプローチの核心

    • "Bienvenue chez Eugène" プロジェクト /8:Lab-ah の介入が新病棟にもたらしたインパクト

    • サンタンヌ病院神経科学部門/1:患者やスタッフを巻き込んだ新病棟のデザイン

    • サンタンヌ病院神経科学部門/2:患者の経験を深く知る

    • サンタンヌ病院神経科学部門 /3:病棟内での付き添い家族の居場所

    • サンタンヌ病院神経科学部門 /4:“患者の体験”展示室

    • サンタンヌ病院神経科学部門/5:参加型ゲームボード

    • サンタンヌ病院神経科学部門/6:データの見える化

    • サンタンヌ病院神経科学部門 /7:ストーリー

    • サウンドプロジェクト

    • 病院でデザインアプローチを取り入れるには?

    • デザインラボ The Lab-ab 創設の経緯

    • The Lab-ah の一年目:評価

    • The Lab-ah の現在:更なる研究に向けて

    • ヘルスケア業界のデザイニング:プロとしてユニークな経験が持てるチャンス/1

    • ヘルスケア業界のデザイニング:プロとしてユニークな経験が持てるチャンス/2

  • 2

    Download the Workbook recaping key takeaways

    • ワークブック