と共同で

  • 日本

  • イノベーションの対象

    認知症ケア


eJourney のオンライン・スタディーツアーに参加して、“あおいけあ が提案する、地域と施設の壁を取り除いた認知症ケアの在り方を学びましょう。“あおいけあの代表 加藤忠相氏が、地域に寄り添った認知症ケアのベストプラクティスをご紹介します。

今すぐ始めましょう

認知症ケアが求めるイノベーション

常識にとらわれない考え方をeJourney で

 WHOの報告によると、世界にはアルツハイマー病 患者が約50万人いると報告されています。超高齢社会を迎えた日本には、約4万5千人の人口がアルツハイマー型認知症を患い、人口の高齢化に伴い、この数字は更に増えると懸念されています。

また、アルツハイマー型認知症を患っている人の約43%が常に介護を必要とする状態であるとも言われており、認知症ケア業界の負担も懸念されます。

加藤忠相氏は、これらの懸念事項から常識にとらわれない発想をカタチにしました。驚きの施策を講じた“あおいけあ は、効率と生活の質を組み合わせた、認知症ケアの新しいモデルです。

エキスパートがナビゲート

株式会社あおいけあ

加藤 忠相

株式会社あおいけあを設立後、小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」を開始。地域貢献や高齢者の能力を活かす取り組みが、“藤沢モデル”として注目を集め、多数の賞を受賞。

eJourney で学べること

ステップ・バイ・ステップ・プログラム

  • 1

    あおいけあ:地域に寄り添った認知症ケア

    • 株式会社あおいけあ代表取締役 加藤忠相氏

    • 認知症が起因すると考えられている危険を伴う行動を、“あおいけあ”ではどのようにして減らしたのですか?

    • 認知症ケアと地域コミュニティーには、どの様な繋がりがありますか?

    • “あおいけあ”で働くスタッフの構成は?

    • 介護スタッフとして“あおいけあ”で働いている感想をお聞かせください。

    • なぜ、“あおいけあ”はボランティスタッフの力を借りないのですか?

    • “あおいけあ”の組織構成と財政状況について、お聞かせください。

    • なぜ、世代間交流を目的とした公営住宅を始めたのですか?その仕組みも、お聞かせください。

    • 介護保険制度の改革と“あおいけあ”設立との関係をお聞かせください。

    • “あおいけあ”での日々の生活の中で、どの様に世代間交流を行われていますか?

    • 認知症介護に携わる人々に向けて、特に伝えたい助言などは?

    • コロナ禍に対する、“あおいけあ”の対応をお聞かせください。

  • 2

    Workbook

    • ワークブック